only one garden, only one space 造園社 四季妻の書奈良・京都・大阪・三重・滋賀周辺の 造園・外構・エクステリア・リフォームの
デザインと施工・造園資材の販売は 奈良の造園社 四季 TEL. 0743-20-4342
造園・外構・エクステリアの設計施工に関するご依頼、ご相談はこちらから。

HOMEHOMEWORKS(home)仕事例(住まい)WORKS(home)仕事例(住まい)WORKS(shop.etc.)仕事例(店舗ほか)WORKS(shop.etc.)仕事例(店舗ほか)Q&AQ&ACONCEPTコンセプトCONCEPTコンセプトCOMPANY DATA会社概要COMPANY DATA会社概要LINKSリンク集LINKSリンク集BLOG神山聡のブログBLOG神山聡のブログCONTACTお問い合わせ・ご依頼(造園等)CONTACTお問い合わせ・ご依頼(造園等)

奈良県SD邸(あられこぼしのある路地風通路や植栽)スライドショー

SD邸 あられこぼしSD邸 アプローチSD邸 板石SD邸 道しるべSD邸 露地SD邸 飛石

奈良県SD邸(あられこぼしのある路地風通路や植栽)について

今SD邸のご相談は、エントランスを二箇所(荷物運び用と普段使い用)に設けることと、荒れたをなんとかしたいとのお話でした。

庭園はメンテナンスが楽なように砂利の部分を大幅に増やしました。
既存の植木類は間引くものは思い切って撤去して、キンモクセイ・サルスベリ・モチノキ・カシ・マキなどを残して木造りを施しながら再利用することにしました。
元々あったエントランスの正面には鉄砲垣という太い白竹の垣根を造り、見せたくない部分を遮りながら化粧を施しています。
アプローチは道しるべという石灯篭で狭い通路内にアイストップを造りました。
通路は延べ石や臼を化粧として使いながら、あられこぼしの通路で露地風に仕上げています。また、長いアプローチに変化を付けるために同色の板石を使いました。
建物の壁面に建仁寺垣という竹の垣根を張り付けて、瓦塀沿いには黒竹を植栽して竹の通路を造りました。
エントランスが二箇所あるため普段使いのアプローチは広く、使う頻度の少ない方は飛石で仕上げています

〔 設計・施工  石光 昭彦 

四季の仕事
 (一覧)

奈良の造園社 四季の庭園 SD邸あられこぼし

奈良の造園社 四季の庭園 SD邸アプローチ

奈良の造園社 四季の庭園 SD邸板石

奈良の造園社 四季の庭園 SD邸道しるべ

奈良の造園社 四季の庭園 SD邸露地

奈良の造園社 四季の庭園 SD邸飛石